トップ

不動産の税金とは

不動産購入・売却の税の事

不動産を購入した場合の課税

住まいを購入した場合にかかる税金は印紙税、消費税、登録免許税、不動産取得税などです。住まいを贈与によって取得した場合と住まいを買うための資金を贈与によって受け取った場合にかかる税金は贈与税です。そして、このときにはたらく制度は相続時生産課税制度や直径存続からの住宅取得等資金の贈与お非課税制度です。また、住宅ローン控除というものがあり、そこに働くきまりなどは住宅借入金等特別控除、認定長期有料住宅を新築等した場合の所得税の特別控除などです。それから、不動産を保有するとかかる税金が、固定遺産税、都市計画税です。

不動産を売却した場合の課税

不動産を売る場合にかかる税金が、譲渡所得税、住民税です。また、その計算の際には長期譲渡所得と短期譲渡所得の区分、譲渡所得の税額の計算、特別控除の特例というものが必要となってきます。住まいを譲渡して、利益が出た際にかかる場合には、住居用財産の3000万円特別控除、長期譲渡所得の軽減税率、特定住居用財産の買い換えなどの、いくつかの特例が働きます。また、不動産を譲渡して損失が出た際には、特定住居用財産の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例や、住居用財産の場合の譲渡損失の繰越控除の特例が働きます。

↑PAGE TOP